英語上達のためにシリーズ②_おすすめYoutube活用法(Oxford English Online)

英語を楽しく学ぶ方法
この記事は約4分で読めます。

今日は、おすすめYoutube活用法についてのページです。

Youtubeには大量のチャンネルがあり、日々沢山の動画がアップロードされていますよね。今や無視できないサービスとなりました。

勿論英語学習に役立つ動画も無数にあるのですが、今回はその中から特に僕がおすすめするチャンネルについてご紹介したいと思います!

それがこちら、Oxford Online EnglishのYoutubeチャンネルです。

Oxford Online English:

Oxford Online English
Oxford Online English is an online English school offering premium-quality online English lessons to suit your needs. We also make free English lessons every we...

2020年5月半ば現在、チャンネル登録者数は176万人います。

Oxford Online Englishとは、長年のTeaching経験を持つ英語のネイティブスピーカーの先生達からオンラインで英語を学べるサービスです。

ホームページにいくと値段の記載がありますが、僕が以前ご紹介したオンライン英会話サービスよりも高い料金設定になっています。その分、質に自信があるということなのでしょう。

現在、Youtubeには169本の動画が上がっており、下記のプレイリストにまとめられています。

-5 Levels of Difficulty Lessons(5段階の難易度)

-Visual Vocabulary Lessons(資格の語彙力)

-Business English Lessons(ビジネス英語)

-English Vocabulary Lessons(語彙力)→→→

-English Writing Lessons(ライティング)

-English Modal Verbs Lessons(WillやWould等)

-Spoken English Lessons(話し言葉)→→→

-English Pronunciation Lessons(発音)

-English Grammar Lessons(文法)→→→

-English Study Advice Lessons(学習アドバイス)→→→

-IELTS Exam Lessons(IELTSという試験)

-B1 Preliminary (PET) Exam Preparation Lessons(PETというケンブリッジ英語検定-初級)

-B2 First (FCE) Exam Preparation Lessons(FCEというケンブリッジ英語検定-中級)

-CAE Exam Preparation Lessons(CAEというケンブリッジ英語検定-上級)

かなりの量がありますが、おすすめは、基本的な内容のプレイリストから順に見ていくことです。(上記に”→→→”マークを付けているテーマがおすすめです!)

Youtubeのイケてる点の一つが、サブタイトルを表示させながら動画を視聴できるところです。

基礎的な内容を英語を通じて再度理解することは、英語学習レベルのギアを上げていく上で非常に良いです。

また、僕は以前英語で面接を受けたことがあるのですが、このチャンネルを通じて得たことが非常に活きました

動画の長さも大体15分程度とぎっしり濃い内容となっています。決して「ながら見」するのではなく、毎日1動画ノートを取りながら見る、と決める等して、規則的にどんどん内容を消化していくことをおすすめします。

上述の通り、全部で169本あるのですが、この内、特定の試験に関する動画(46本程度)を除けば、見るべき動画数は123本程度となりますので、一日1本見ることをルーティンにした場合、1年で3周することができます

Youtubeには英語学習にテーマを置く数多くのチャンネルがあり、Youtuber達の中でも、このテーマで動画発信を行っている方々もいらっしゃいます。

決して彼らを否定するわけではないのですが、果たして彼らの中で、一体どれくらいの人たちが実際に英語を教えた経験を持っているのでしょうか

その点、Oxford Online Englishでは、実際にTeaching経験を持つ方々自身が英語学習について丁寧に、しかもテーマに沿ってまとめてくれているのです。

両者を比較した場合、どちらにより信頼を置いて学習を進めていけるのかは、明らかだと思います。

上手くこのチャンネルを活用して、英語に触れる頻度を増やていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました