自己紹介

自己紹介
この記事は約3分で読めます。
A Disciplined Man
A Disciplined Man

初めまして、A Disciplined Man@英語習慣です。

まずは自己紹介ということで、なぜ僕が英語を真面目に勉強するようになったのか、その経緯について少しお話します。

スポンサーリンク

金融関係の仕事で行く海外出張

僕は現在、都内で日々英語を使う金融関係の仕事に就いています。ここ最近は新型コロナウイルスの影響でストップしていますが、以前は平均して四半期に一度くらいのペースで海外出張に行っていました(一刻も早く海外出張再開してほしい)。

欧米をカバーしていることもあり、アメリカやヨーロッパ等の英語圏へ行くことが多いです。

英語を真面目に学ぶようになった経緯

英語に興味を持ったのは、公立学校に通う中、両親に英会話教室に通わせてもらっていたことが大きいです。

漠然と、高校か大学はアメリカに行きたい、そう思うようになってました。しかし、日々の勉強に一杯だったこともあり、気づけば高校も大学も、日本の学校に通っていました。

大学生になったものの、実際にはサークルの仲間と飲み歩く毎日。大学の勉強にも身が入らず、自分は何をしているんだろう、そう思うようになっていた。

こんな毎日を送るためにおれは大学に入ったのか、親に高い金払ってもらって予備校に通わせてもらっていたのか、将来は漠然と社長になるつもりでいるけど、このままじゃなれるわけない。

そのような焦りが、日に日に大きくなっていることを感じていました

アメリカへの短期留学、そして1年の交換留学へ

そこで、ネットで色々と調べてく中で、「短期留学」というワードを見つけ、海外に英語学習を目的として短期語学留学をしている人たちのブログを毎晩読み漁りました。

とにかく今の怠惰な自分を変えたい。費用的にも、決して安くはないけれど、全く手が出ないほどべらぼうに高いというわけでもない。

結論は早い方がいい。そう思い、アメリカへ2週間の短期留学へ行くことに決めました。

アメリカから帰国後、より本格的に英語力を身につけたいと考え、大学が用意している交換留学プログラムに応募。猛勉強の甲斐が実り、選考を通過し1年間アメリカへの交換留学に行くことができ、多くのことを学ぶことができました

英語学習を人生のターニングポイントにする

長くなりましたが、まだまだ人生これからとはいえ、僕のこれまでの人生におけるターニングポイント(転機)は、間違いなく英語学習と断言できます。

大学生の時、一念発起して英語学習に本気で取り組んだからこそ、今の自分があります。

僕が英語学習の良い点だと思うのは、英語力そのものだけでなく、その学習過程を通じて、非常に多岐にわたって重要な事を数多く学べる点です。

このブログでは、僕がこれまでの英語学習を通じて、実際に経験したり学んだことの中から、知っておくと役立つことに関して、徒然と書いていきたいと思っています。

仕事や勉強の合間等に、ふと覗いていただけるくらいの気軽な、だけど中身がしっかりとしているブログを目指したいと思っています。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました