英語学習法_リスニング(聞く力)

英語学習法
この記事は約5分で読めます。

今回は、リスニング(聞き取り)の学習法に関するページです。

結論、次の二点に集中して取り組むことです。

①音読(リーディングセクションと同様)
②シャドーイング
(復唱)

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

①音読(リーディングセクションと同様)

これは前回のリーディング(読解)に関するページでも出てきましたね。

またか!と思ったそこのあなた、そうなんです、またなんです。笑

(合わせて読みたい)

実は音読は、リーディングだけでなく、リスニングにおいても優れた学習法なのです。

ロジックは簡単です。

「人は、自分が話せる言葉のみを理解することができるから」

たとえ日本語だとしても、相手が自分の知らない言葉を発した時、意味を理解することはできませんよね?

つまり、いずれの言語にせよ、人は自分の知っている言葉しか理解できないのです。そして音読とは、ある言葉を僕たちが「まだ知らない」状態から、「もう知っている」状態へ転換するためのプロセスというわけです。

そのため、音読する際には、正しい発音・イントネーションで読むことが大切です。仮に誤った発音・イントネーションである言葉を覚えてしまった場合、他の人達が正しくその言葉を読んだとしても、自分には理解できないという悲劇が生まれます。自分がきちんと相手の言葉を理解するためには、正確な発音・イントネーションを覚える必要があるのです。

正しい音で、何度も何度も同じ文章を音読すると、次第にその言葉たちに自分が慣れていきます。すると、徐々に他人が発する言葉の中で馴染みのある言葉やフレーズが増え、結果として他人の言葉が理解できるようになる、というメカニズムです。

②シャドーイング(復唱)

次に、音声を聞いた後、即座に復唱する「シャドーイング(Shadowing)」です。

このシャドーイングは、聞こえる音声をそのまま真似して発音するため、真似をしているうちに、英語の発音やイントネーション、単語と単語の繋がりを体(口)で覚え、再現できるようになっていく、というものです。

ここで非常に重要なことが、「やみくもに英語を聞かない」ということです。

英語を大量に聞く、というのは誰でもできますが、シャドーイングのポイントは、「自分が正しい英語を真似できているかどうか」を確認することです。

ですので、必ずテキスト(文章)が用意されたコンテンツを教材として使うことが吉です。

さて、少し前置きが長くなりましたが、結論、何を聞いてシャドーイングするのか。世の中にはたくさんの英語を聞く機会がありますよね。

Youtube、音楽(洋楽)、映画(洋画)、ラジオ(Podcast)等。

この中でも僕が特におすすめするのが、Podcast(ラジオ)と音楽(洋楽)です。

Podcast(ラジオ)

まずPodcastですが、これはネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つで、いわゆるネットラジオの一種のことです。

iPhoneユーザーの方は「Podcasts」、Androidユーザーの方は「Google Play」というアプリで聞くことができます。

さまざまなジャンルの中にたくさんの番組がありますので、ぜひ色々と見てみてください。無料でこれほどの教材を活用できるのですから、活用しないわけにはいきません。

一つおすすめの番組を挙げるとすると、Time社が配信している「TIME’s Top Stories」という番組です。

TIME’s Top Stories:

‎TIME's Top Stories on Apple Podcasts
‎News · 2021

この番組では、ホットなテーマについて、1記事あたり5分程度にまとめて、一日7記事ほどアップしてくれます。

この番組の良い点は、全ての記事のスクリプト(台本)が用意されているところです。むしろ、Podcastの番組はスクリプトを読み上げ、そして配信してくれているのです。

まず一度、何も見ずにとにかく聞いてみます。理解できる部分もあれば、全く理解できない部分もあるでしょう。

次に、スクリプトを黙読し、そして音読します。その際、知らない単語や熟語についてはきちんと調べて、覚えるようにしてください。

その次は、スクリプトを見ながら音声を聞いてください。音読をした後で音声を聞くと、色々な気付きがあるはずですので、繰り返しになりますが、音読というプロセスをスキップしないでくださいね。

その後、更に最低5回ほど音読したら、最後はスクリプト無しで音声を聞いてください。かなりの部分が聞き取れるようになっているはずです。

このように、5分程度の文章をスクリプトを見ずに全て理解できる状態にまで持っていくことを一つのゴールにし、是非継続してみてください

音楽(洋楽)

次に音楽(洋楽)ですが、これは大の洋楽好きである僕の個人的な経験から間違いなく優れた教材だと考えているからです。

洋楽というのは、英語表現を効率よく学べるツールの一つです。

ところが、「よく聴くけど何のことについて歌っているのか意味が分からない」という経験がある方が非常に多いと思います。正に自分がそうでした。

しかしその曲に思い入れがある分、一度歌詞を理解すると、その後なかなか忘れない、というメリットもありますので、是非一度試してみてください。

おすすめは、ある曲の歌詞を全て紙に書きます。書き上げた後は、知らない単語や熟語の意味を調べ、覚える努力をしてください(このプロセスが非常に重要です)

そして、それを普段目のつく場所(部屋の壁等)に貼り、自分に「その歌詞を見たら、必ずその歌をかけながら歌う」というルールを課してください

お気に入りの歌手の声というのは、Podcastのキャスターよりも親しみがあるはずなので、より楽しくシャドーイングができると思います。馴染みのある洋楽をシャドーイングの教材に変えることは、継続性の観点から、とても理にかなった方法だと思います。

また、単語や熟語を「歌」に乗せて覚えることができる点も、メリットの一つですね。

コメント

  1. […] 英語学習法_リスニング今回は、リスニング(聞き取り)の学習法に関するページです。結論、次の二点に集中して取り組むことです。①音読(リーディングセクションと同様)②シャド […]

タイトルとURLをコピーしました